【変わる社会・変わらない政治】

平成も遂に30年、最後の1年を迎える今年、
オリンピック・パラリンピックを目前に
東京・世田谷も2020年に向かって光が灯る反面、
政治の世界には、未だ多くの陰が存在しています。

初当選からおよそ4年が経っても、
変わらない”お役所仕事”、
未だに時代の波を拒む行政機構、
無くならない待機児童。

それにも拘わらず、
実感のない”好景気”の名の下に、上がり続ける政治家の給与。
2400万円の区長退職金も復活することとなりました。

今、東京が、世田谷が本気で考えるべきは、
バラ色の2020年、その一瞬ではなく、
その後を生きる、私たち、そして子どもたちの生活・未来です。

【改めて、未来のためには、#Innovation が必要だ!】

“成人になれば正社員で働く
30歳前後になれば結婚して子供が産まれる
女性は家で家事・子育てをする
いざという時は会社の福利厚生がある
定年退職をして、年金で生活できる
最期は家族に看取られる―”

今までの“当たり前”がない時代、
戦後の成長の方程式が通用しない今の日本に必要なのは、
過去の成功体験の焼き増しではなく、
過去の“常識”に囚われず、新しいトコロへ何度も飛び込む勇気。

しかし今、政治の世界には、
二世・三世や、政治家の書生――
今までの政治の常識に囚われる、
普通に働く・普通に暮らす人とはかけ離れた感覚では
次の“時代”、未来をつくる事はできません。

平成生まれ 最年少、
今回は、父として、保育士としても、
子どもたちの未来のために
利益誘導型の政治、改革をしない改革派を断ち切り、
世田谷から、 #Innovation を起こします。

ITベンチャー、グローバル企業出身
新たな時代へ先陣を切って、 #Innovation へ飛び込んで参ります。