1989年(平成元年)12月12日 生まれる
福島県いわき市出身の父と、愛知県名古屋市出身の母の間に次男として誕生
(母の実家の近くの病院で生まれたため、出生地自体は名古屋市港区です)

父・母共に、戦争の爪痕も知らない1960年代生まれ
自らも、ベルリンの壁 崩壊直後に生まれ、
物心ついた頃には既にソビエト連邦連邦も崩壊していたため
イデオロギー対立を肌で感じたことのない平成第一世代
生後1ヶ月で、両親と兄が暮らしている社宅(武蔵小杉)へ戻る

父は今も現役の会社員、母は元教員という家庭で育つ

【「ふるさと」のない幼少時代】
世田谷に初めて引っ越したのは、2歳の時
当時住んでいた社宅の改修の関係で、経堂駅と桜上水駅の中間にあった社宅へ引っ越す

その後、また改修による引っ越しが必要となり、
桜新町の社宅へ引っ越すも
父の転勤の関係で、3ヶ月で名古屋への引っ越しが決まる

当時は3歳だったものの幼稚園には通っていなかったが、
小学校1年生だった兄が1学期終了で転校となるのを見て、
自分も将来学校を転々とすることになるのかなと幼心に感じる

引っ越しの多い幼少期を送っていたため、
大きくなっても出身地・地元を聞かれると言葉に詰まっていた
自らの出身地を世田谷だと定義するようになるのは未だ15年以上先の話

【桜新町に落ち着いた小・中学生時代】
5歳になり、再度 桜新町の社宅に戻り、
運良くその後は桜新町に10年住むこととなる

ミッションサンタクララ幼児部にお世話になった後

桜町小学校に入学
没個性的な黒と赤のランドセルを見て、こんな生き方はしたくないと思い
当時では非常に珍しい青いランドセルを選ぶも、
生意気に見えたのか入学して一瞬でいやがらせに遭う

3歳上の兄がいたことから自分が進むと有利な道になんとなく想像がつき
いわゆる”次男”として要領良く過ごすも、
学校や親戚に優等生の兄と比較され怒りを覚える

当時から誰かに任せるよりも自分で責任を持ちたがり
”長”と名の付く機会には全てに手を上げ、
学級委員(代表委員という名前でした)や各種委員長を務める

小学校6年生にして、初めて福澤諭吉翁の著した『學問ノスヽメ』という書物に出会う
この本で区の読書感想文のコンクールにも入賞する

深沢中学校に入学
初めて学級委員になれず落ち込む
初めての定期試験で自分が一番でないことを知り
、勉強することに目覚める

生徒会役員・生徒会長を務め、表では優等生扱いされるも
多くのプレッシャーと反発に苛まれる

この時期、周りに迷惑をかけたことから
その後は人のためになることを考えるようになる

【福澤諭吉に感化され、慶應義塾の門を叩く】
以前より感化されていた『學問ノスヽメ』の影響、
また福沢諭吉翁が旧暦の12月12日生まれ(そのべは新暦の12月12日)であることにも感化され、
慶應義塾高等学校に入学

同じ時期、社宅がなくなるので数百メートル先の用賀のマンションへ引っ越すも
引っ越し前も後も、桜新町駅と用賀駅の間のエリアのため生活圏はあまり変わらない
ここから今まで人生の約半分を用賀で過ごすこととなる

少なくとも首都圏中から将来の先導者(リーダー)が集まっていると思っていたが
良くも悪くもあまりにも自由な校風で
本来あるべき先導者養成塾とするべく、生徒会へ入会

早稲田大学の附属校や開成学園等の生徒会との交流を経て
改めて自らの学校が後塵を拝していることに愕然とし、学校改革を決意

これまでは本人の努力こそが将来を決定付ける要因だと考えていたが
公立中学校時代には考えられない環境を生まれ持っている人が多数存在することを目にし、
世の中の格差と、努力よりも環境要因の強さを目の当たりにする

生徒会長選挙に立候補するも、二次投票で逆転され落選
落選の理由は、相手候補の方が面白かったから

学校を変えるよりも自分が将来社会に影響力のある人物になるべく
以降は自分自身が何者かになるために大学生に混ざって
インターンシップ等に積極的に参加する

高校生を受け入れている議員インターンシップを発見し、
高校卒業前の冬休み〜春休みに、渋谷区議会議員の元でお世話になる
初めて政治家になるという選択肢が自分のような一般人にも存在していることを知る

入学当初は、総合政策学部へ進学し、起業家を目指していたが
弁護士・起業家・政治家のいずれかの選択肢を広く目指せる可能性を考え
法学部法律学科へ進学

慶應義塾大学 法学部法律学科へ入学
するも、明確に法曹を目指す人たちが入学直後から勉強漬けなのを横目に
早々に弁護士の道に見切りをつけ、
当時流行りの学生団体やインターンシップに精を出す

伊豆大島で自転車で自損事故を起こし、
走馬灯は流れなかったものの、自分の懐かしい風景が
高校・大学のキャンパスの銀杏並木くらいしか浮かばず、
当時15年住んでいた世田谷に何の思い入れもないことに気付かされる

民主党が政権交代を果たし、
世の中が変わっていくことに希望を抱く

成人式で一番目立つ方法を考えた結果
世田谷区の成人式実行委員に応募し、新成人代表を務める

初めて世田谷区役所に来た時には
建物の古さと汚れに驚愕する

横浜アリーナでのライブイベントを企画・運営し
活動の中でインターネット・SNSが持つ影響力の強さに気付く

時の政権による派遣法改正で、
大企業の電話取りのバイト(派遣雇用形態)ができなくなりクビを切られる
政治により、誰かの生活が変わることを実感する
(同じ仕事をしていたお姉さんたちはその後どうしたのだろうか)

【リーマンショック・東日本大震災で岐路に立つ】

更新予定

【社会に出て、自分の無力さを痛感する】

更新予定

【予想外の外資系へ転職、直後の公認発表】

更新予定

【平成生まれ、初当選】

更新予定

【保育士として、父として】

当選後 約1年間、テクノロジー政策・行政の効率化を中心に政策を展開するも
基礎自治体の予算の多数を占める福祉分野のお金の流れを変えなければ、
行政が変わらないことを実感

また世田谷区の待機児童が日本ワーストワンを更新し続けている現状に
一石を投じるために、自らが保育士となることを決意

2016年4月に保育士試験を受験、合格率10-20%の1次・筆記試験には一発合格するも
2次試験のピアノで人生最低点を叩き出し、合格率90%と言われる中、不合格

同年12月に再試験、翌2017年1月に合格発表、1月より保育園での勤務も始め
3月には無事に保育士登録完了、以降保育士として現場にも出続ける

時を同じうして結婚し、2018年春には一児が誕生

現在は元IT企業のビジネスパーソンとしてテクノロジー政策に取り組むだけではなく、
世田谷区議会唯一の保育士として専門性を持ち、0歳児の父として当事者意識を持ち、
待機児童問題等、子ども・子育て分野にも特化した活動を行なう